海外旅行の料金の違いを理解しよう

航空運賃が価格を左右します
同じ海外旅行でも季節や出発日によって料金は大きく変わります。これは、海外旅行の料金に含まれる航空運賃が季節によって変動するしくみ(業界用語でシーズナリティーといいます)によります。一般的にピークシーズンと呼ばれる年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休みなどは料金が通常の何倍にもなります。

また、路線によっては出発日(週末前、連休前日など)や便(到着地に午前中着く便か夜着く便かなど)によっても料金が変わってきます。さらにどの航空会社を利用するかも、ツアー代金に影響します。人気の高い航空会社を利用するツアーは高くなりますし、目的地への直行便を持たない航空会社の場合(乗換えが必要)などは安くなります。

ホテル代も大きな要因です
航空運賃についでツアー代金を大きく左右するのがホテル代。一流ホテルを利用するツアーは必然的に料金も高くなります。

また同じホテルでも部屋の条件(海が見える部屋など)やシーズンによって値段に差がでます。ドイツなどはひんぱんに各都市で見本市(デザイン展示会や工業見本市など)が行われ、期間中には通常の2,3倍の料金になります。

旅行ガイドブックなどを見るとホテルのランク(星の数で示されている)が出ているので調べてみてください。旅行会社のパンフレットに記載されているホテルのランクは旅行会社独自のランクわけになります。結構いいかげん(A社ではデラックスクラスにランクされているホテルがB社ではスーペリアクラスだったり、)なので、ホテルに関しては参考程度にしましょう。


何が料金に含まれているかチェックをしてください
ツアー料金が安いと思ったら、自分で負担するするものがいろいろあって結局高くついた、なんて話しもよく聞きます。ツアー代金に含まれているもの、含まれていないものをあらかじめよく調べておいてください。

注意していただきたい項目は、出入国税や空港使用料、燃油サーチャージ(最近はこの金額が結構高いです)などの税金、日本での航空運賃、ビザ代(国によって異なります)などです。
パンフレット裏面やインターネット上の『旅行条件』に書かれていますので、必ずチェックしてください。めんどうだという方は、電話で問い合わせてくださいね。


海外旅行についてすべて網羅しているのはココ♪
『海外旅行情報完全マニュアル』

FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。