海外旅行をキャンセルするとき

申込金を入金して契約が成立したあと、申込者の都合で海外旅行への参加を取りやめると取消料(キャンセル料)が発生します。だいたいの取消料の目安はこんな感じです。


旅行開始日の前日からさかのぼって30日目に当たる日より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・旅行代金の20%
旅行出発日の前々日より・・・・・・・・・・・・・・・・・・・旅行代金の30%
旅行出発日の当日・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・旅行代金の50%
旅行開始後、無連絡不参加・・・・・・・・・・・・・・・・・旅行代金の100%

※ただし出発日が国土交通省の定めたピーク時(12月20日〜1月7日、4月27日〜5月6日、7月20日〜8月31日)の場合、40日前から10%の取消料がかかります。

※ほとんど、このパターンなのですが特殊なツアー(僻地へのツアーや山登り)を企画している旅行会社などは多少異なります。パンフレットや旅行条件書で確認してくださいね。

このピーク時の期間というのを考えられたときに、旅行会社サイドからは「どうして、この期間がピーク時?」なんて文句がでました。やはりお偉いさんが考えることは現場とは違うのですね。(涙)

日数の計算が苦手な方は、申込み時に「私の申し込んだツアーは、何月何日から、取消料かかりますか」って担当者に聞き、聞いた日、聞いた担当者の名前と共にメモしておきましょう。


海外旅行についてすべて網羅しているのはココ♪
『海外旅行情報完全マニュアル』
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。